スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立体チェック

こんにちは。VFXの中川です。

ブログをもっと頻繁に書き込もうと思いつつも、「今日はこんな合成してました!」みたいなことを書こうと思うと「でもこれはまだヒミツの部分だな…」みたいなことが多くてなかなか難しいもんだな、と思う今日この頃であります。


ということで今回は立体視での合成現場はどうなっているのか?というところをちょっとご紹介したいと思います。

撮影では2台のカメラを使って右目用の画像と左目用の画像を同時に撮影しており、合成の作業ではその両方を同時に加工していくことになります。そうして加工した物は立体視用モニターに出力しチェックします。

blog0110a

このモニターは一部の映画館でも使われている「real-D」と呼ばれる立体視の方式の一つを採用した物で、右目と左目の映像をだぶらせた状態で表示して、専用の眼鏡を通して見ると立体として見ることができるというものです。色や立体感が劇場に近い形でチェックすることができるスグレモノです。

ただしこのモニターはチェック用のモニターということで数が少なく、スタッフ全員が常にこのモニタを使用してチェックすることは難しいというのが現状です。
しかし立体でのチェック無しに立体視の画像を作るのはかなり無理がある!ということで普段はどうしているのかというと…

blog0110b


古来から使われている赤青の眼鏡で立体のチェックをしているんですね。もう2010年だというのに。
しかし色の情報こそ損なわれてしまいますが立体感のチェックはこれで結構イケるんですね。赤青メガネ侮りがたしなのです。

blog0110d.jpg

「俺に触ってみろ。」

そんなかんじで日々立体的な諸々と格闘中であります。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント :

アナログな最先端ww

毎日の作業 お疲れ様です
しかし、久しぶりに拝見した気がします・・・赤青の立体メガネ・・・www
正に最先端技術の影に アナログ侮りがたしですね^^

「俺に触ってみろ」喜んで手を出すと思います。

No title

私も丁度別件で、アナグリフチェック中でメガネが手元にあったので、見てみました。
お~ザルバが、手前に鋼牙の胸が向こうに!(^_^)
日本では、過去の技術と思われがちですが、アナグリフ3Dは、海外では今でも現役で活躍してる立体視技術の一つです。

real-D3Dメガネも手元にあるのですが....ディスプレイが無い(笑)

泊まり込みでのお仕事も大変だと思いますが、私は、頑張ってとしか言えませんが、楽しみにしてます(^_^)

ザルバに触りたい♪



 大変な作業ですね! もっとスタッフblogが頻繁に更新されればいいのに~などと思っていましたが、かような事情がおありとは・・・お察しします。

 これからうんと寒い季節になるので、皆様くれぐれもお体には気をつけて作業頑張ってください! 今年の秋口を楽しみにしています。

 素晴らしい仕上がりとなることを期待して・・・・











  信じて待ってる!!ww


No title

はじめまして。
ファミリー劇場の一挙放送から牙狼のファンになりました。
映画化、本当にうれしいです。

この記事の最後の画像・・・赤青メガネで見たら立体になるのかと
思って、試してしまいました。

・・・なんとなくなっている気もするけれど、画面が小さすぎて
断言できません(^^;)

それはそれとして、本編を楽しみにしています。

No title

画像はクリックしたら、大きくなるんですね!
今、気がつきました。
おお、立体に見える!

より一層…

ほっ、本当だぁ!
ザルバに触れそう…。

すっ、スゴ過ぎる…。
これが全編通して体感できるんですよねぇ?
今から、めちゃくちゃ楽しみです!

作業、大変とは思いますが、応援していますので、頑張ってください。

おぉ☆☆☆

感動です!!!
 
ザルバが私に語りかけている♪
 
……様に見えます☆
 
この画が動き出す日が少しづつ近づいて来ているのですね♪
 
細かく根気のいるお仕事だと思います……。
目の疲れ……肩凝り……など辛い時が多いと思いますけれど、バテない様にお気をつけて下さい……。
素敵な情報……有難うございます♪
 

 ∧_∧ 。
(;゜▽゜)゜。
(  ヽヽヽ。
と_∪(   )
  Σ ∨`∨ ガン
   / WW ガン!
  ☆

ドキドキ!

中川さん、はじめまして(^^)
コメント失礼します。

その画像を見せていただいただけでも、ワクワクします♪

赤青メガネ登場とは、これまた意外にも原始的ですね(^^;)

如何なる最新映像でも人が作り上げるものだから、原点を振り返ってのハイクォリティーでしょうか?

( ´艸`)な~んて、主婦には技術的な事サッパリですが・・・
スタッフの皆さんが凄い物を作ってる感じはとても伝わって来ます!

まだまだ長丁場とのことですが‥
頑張って下さい!

作業は2倍…

お疲れ様です。
左右の目に合わせたカメラということは、画像は2つ。
VFXの作業は、2倍になる訳ですね?
はぁ~、大変だぁ。
折角のザルバなのに、あいにく赤青メガネが手元になくて見ることが出来ません。
残念、無念…。i-241
3D画像は、映画公開までのお楽しみにしておきます。
CALENDAR
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
TOPICS
LAST ENTRIES
PROFILE

GARO STAFF

Author:GARO STAFF
STAFF BLOGへようこそ

COMMENT
SEARCH
LINK
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。